いろいろな用途で利用される横断幕・懸垂幕

最近では看板の代わりに横断幕や懸垂幕を利用する店舗も増えています。

横断幕と言えばスポーツイベントなどのイメージがあります。

それ以外にも利用されているシーンが増えてい増す。

今回は【いろいろな用途で利用される横断幕・懸垂幕のメリットと耐用年数の目安】についてご紹介します。

◆横断幕・懸垂幕のメリット

横断幕は横長。

懸垂幕は縦長。

利用シーンによっては両方を組み合わせることもあります。

どちらもハトメ加工をします。

その部分にひもで通して設置します。

風が吹いてもひらめいたりしません。

看板や塗装とは違います。

取り付けや取り外しが簡単にできるのも横断幕や懸垂幕のメリットです。

たとえば店舗で期間限定のキャンペーンをする場合でも効果的なアピールができます。

看板や塗装ではデザインの変更などが簡単には出来ません。

そして何と言っても価格が安いことも大きなメリットになります。

◆横断幕・懸垂幕の耐用年数の目安

素材や使用するシーンや回数によっても違います。

長期間使用に向いた丈夫な素材もあります。

また短期間の使用に向いた薄い素材もあるのです。

屋外で利用するにしても太陽光線にさらされているところと日陰では異なります。

色抜けによる耐用年数は自ずから違ってきます。

一般的には横断幕製作会社では耐用年数を1年から2年に設定しているところが多いです。

いろいろな用途で利用される横断幕・懸垂幕のメリットと耐用年数の目安についてご理解いただけたと思います。