特殊清掃の仕事をしてみたいです。向いていると思っていますが。

自分は向いていると思っている人ほど特殊清掃には向いていない事が多いものです。まずは体験入社から考えましょう。

特殊清掃の基礎と役割のメインイメージ

特殊清掃の仕事をしてみたいです。向いていると思っていますが。

最近になって特殊清掃の仕事がしてみたいと言う人が増えました。

しかし就職前に、きちんと認識を深めておくことが大切です。

特殊清掃の現場についてお話しましょう。

●性格よりも注意深さ・慎重さが大事。

ヘンな性格だから向いているとは限りません。

どんな職業にも性格による向き不向きはありますが、自分を決めつけたり、自分は大丈夫だと思っていたりしている人ほど、長続きしないものです。

むしろ、「自分は臆病で、大丈夫かなと思いながら仕事をすすめている人」のほうが、長続きしています。

特殊清掃は、言ってしまえば現場の数だけ想定外の出来事が起る仕事なので、注意深さ・慎重さが求められます。

●現場は想像以上に惨憺たるもの。

最近テレビなどで、ゴミ屋敷やハウスクリーニングが良く取り上げられています。

また遺品整理の仕事などもよく紹介されています。

しかしそれらの仕事と特殊清掃とは根本的に異なります。

部屋や現場には遺体や死体こそありませんが、特殊清掃とは、そうした人々が亡くなったあとの現場を清掃して原状回復する仕事です。

「自分は平気」と思って現場に入った人ほど、悪臭や血糊の痕、肉片、ウジ虫などに驚いて辞めてしまうものです。

●自分を過大評価せず、就職前に体験入社してみましょう。

人手不足なので、そういう制度がなくても応じてくれるはずです。

自信がある人でも就職してしまう前に、特殊清掃の体験入社をしてみるべきです。

だいたいは試用期間というのを設けていますが、現場を経験してから入社することをおすすめします。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索